半年ぶりのブログ稼働!いやいやこれは書かざるを得ない!

いやー復活ですよ復活!
犯人は「眼鏡の脚本家・三谷」、被害者は「三谷作品の常連俳優・大泉妙」
うーん一体だれがモデルなんだ!!???

今回はそんな『一瞬の過ち』の、現時点での見どころ&推理ポイントを信者の視点からチェックします!!


【1】今回の「元ネタ」!

『古畑任三郎』のエピソードは大体、①「刑事コロンボに元ネタがあるもの」or②「実際の事件・人物がモデルのもの」+③「そのハイブリッド」のいずれかです。

明確に元ネタがあり、そこから発展させる!というつくりなんですね!

例えば第1シーズンの「殺人リハーサル」を例にとれば、

A,「自分の大切に守ってきた場所を奪おうとする『若きオーナー』を事故に見せかけて殺害する」という筋はコロンボの『祝砲の挽歌』
B,被害者の「撮影所を閉鎖しようとする、元俳優で『御曹司』と呼ばれる映画会社の二代目社長」は、東映中興の祖と呼ばれる岡田茂の長男で、東映の自社制作縮小時代にプロデューサーを務めた現・東映会長の岡田裕介氏(若い頃は俳優として活躍していました)がモデル
C,「真剣と模造刀を間違えての事故」というプロットは、勝新太郎さんの映画『座頭市』撮影現場で起こった事故が元

といった感じです。
(このあたりはいずれ全話、まとめて解説したいところです。史上最強の古畑ファンページ「古畑任三郎事件ファイル」さんでも追えていない小ネタをいくつか持ってますし……!)

今回の元ネタを追っていくと、大きく2つ、

①「事前に用意したプロットを、犯行時刻に書いていたものと偽る」という犯人・三谷のアリバイトリックは、新コロンボ『迷子の兵隊』の、「事前に用意した戦場のジオラマを犯行時刻につくっていたと偽る」工作からの引用

②「銃を向けられていたはずの被害者の行動がおかしいことから犯人が顔見知りと分かる」最初の手掛かりは、おそらく『ルーサン警部の犯罪』の引用

特に②の『ルーサン警部の犯罪』は、「刑事ドラマの探偵が当たり役になって死ぬほど高額のギャラを貰っている俳優が犯人」という、明らかに「コロンボvsピーター・フォーク」としてつくられた作品なので、

(この回のゲストにウィリアム・シャトナー氏が呼ばれたのは、コロンボさんの名前Columboを「コロンブス」に見立てて{Columbusはラテン語・英語の綴り方でイタリア語ではまんまColumboですから}、「船長役で有名な人」という駄洒落でキャスティングしたんだと思うんですよね)

今回、「古畑任三郎vs三谷幸喜」である『一瞬の過ち』のストーリー自体が、ひょっとすると同作のオマージュなのかもしれません。
実は「被害者が参加するはずの試写会の前に犯行が行われる」というところも2作は共通していたりします。


【2】「一瞬の過ち」とは何か

明らかに怪しいのは第1回の「眼鏡を外して犯行に臨む」くだりと、「犯行時に目をつぶってしまった」ところ、
第2回の「スタッフとホテル従業員が三谷の顔を見て驚いている」ところですよね!

「眼鏡を外して、かつ目をつぶってしまったゆえに何か決定的な外見的証拠が残ってしまったことに気づかなかった」

というのが筋な感じはしますが、でも第2回冒頭で鏡でチェックしてるんですよねぇ…?

過去作を見る限り三谷さんはコロンボから引用する時、「事件自体のモデルと最後の詰め手のモデルは別の回から引っ張って来る」と決めているようなので、
今のところは『迷子の兵隊』と『ルーサン警部の犯罪』の詰め手は使わないだろう、ということですかね……?
あと、絶対うまーくタイトルを回収するはず!!!


なーんか尻切れとんぼですが、何か良い推理が浮かんだ方はぜひツイッターで

visual


どこにも自分の居場所を感じられなくて、それでもなんとか社会と折り合いつけてこうと足掻いているキミも!

自分の好きなもの、得意なことに自信が持てなくて「結局僕は何者にもなれないまま死んでいくんじゃないか……」と怯えているキミも!

自分が感じている「他者からの愛」なんて、本当は全部自分の妄想なんじゃないか……って考え始めたら止まらなくなるキミも!

それでも誰かに愛してほしくて必死になればなるほど、人の気持ちが離れていくことに絶望しているキミも!

台風でおうちから出られないこんな日は、YouTubeの芸人さんの公式チャンネルで配信されている「ジョーカーみの強い」暗いコントを見てどんどんテンション下げていこうね!

ということで、映画『ジョーカー』を観て凹んだ人におすすめしたいコント三選 inYouTube!

ひょんなことから合コンに参加することになった四十代の独身男性・菅原。彼はそこで出会った二十歳年下の女性・麻衣と意気投合し、本気で心惹かれていく――という“物語”を、「菅原」の視点と「麻衣」の視点から描くビターなコント。
「自分が見えている世界の不確かさ」を赤裸々に突きつけられ、笑いながらも怖さと寂しさを感じてしまう作品です。真面目で小市民的な人物に思えた菅原が、「怪物」へ変わっていくさまをたった18分足らずで描き切る、バカリズム・升野さんの卓越した演技力にも注目。

「だるまさんがころんだ」→「田沼さんがころんだ」→「田沼さんこんちは」と、ゆるいボキャブラから始まって、一人の中年男性「田沼さん」の人生を、「だるまさんがころんだ」と韻を踏みながら追っていく言葉遊びのネタ。
池田さん演じる、明るくひょうきんなおじさんだった「田沼さん」が、会社をリストラされ人生で「ころんだ」のをきっかけに転げ落ちていくさま、そして最後に村上さんが言い放つブラックな「オチ」が、何とも言えない余韻を残す一作です。

ラジオ番組のDJ「ネイビー柳川」の出待ちをしていた青年。「先週、初めてハガキが読まれた」と伝え、柳川から優しい言葉をかけられた青年は、その日から毎週、彼を出待ちするようになる。しかし、徐々に「ハガキを読んでもらえない」ことへの不満を漏らし始めるようになり……。
ストーカー化するファンを大水さんが怪演する、ラバーガール版『キング・オブ・コメディ』。
最後の最後で「狂いきれなかった」青年のもの悲しさと、DJのつぶやきに滲むエンターテイナーの「業」。怖さだけでない、割り切れない後味を残す傑作コントです。

久しぶりのブログ。
という情報をつかみました。乗るしかないこのビッグウェーブに。
今回は、「ギャグマンガ日和のミステリとして面白い回」4選(順不同)を
独断と偏見で発表しちゃいます!

「人の夢に入ることができる少年が、夢を通じて容疑者の深層心理に入り込んで推理する」
という、筒井御大の『パプリカ』を思わせるファンタジックな設定が魅力的な一編。
特殊設定を生かした推理の組み立ても丁寧ですし、ギャグの中に伏線が細やかに張られて
いるのも好感。ラストには意外な真相も。

上質なミステリパロディ回。
パズラーにありがちな、登場人物の不自然な動きやあり得ない間取りといった
「トリックやロジックを成立させるためだけに作者にでっち上げられた無理のある設定」
を徹底的にカリカチュアした作品です。

asan
出だしから最高。


アニメ化もされた日和の看板シリーズからこの一作。うさみちゃんシリーズは、知っての
通り名探偵の小学生・うさみちゃんと、クラスメイトでワトソン役にしてすべての事件の
犯人・クマ吉くんとの対決が見ものの、いわば漫画版『妖異金瓶梅』とでもいうべき
ショートミステリで、毎回の漫画ならではの映像的な伏線とその回収が魅力なのですが、
同作は犯行を暴かれたクマ吉くんがどこまでも逃亡し、それを警察とうさみちゃんが追う
コンゲームものの長編となっており、いわば「劇場版うさみちゃん」とでもいうべき傑作。

以下、ファンのためのうさみちゃんリンク集

うさみちゃんシリーズほどの知名度はないかもしれませんが、こちらも連作もの。
おばけが極端に怖い陰陽師探偵・阿部とその相棒の式神・ニャンコさんが怪奇現象を
解決していく『スーパーナチュラル』的なホラーサスペンス。
私が最もよく出来ていると感じたのは第三話『陰陽写真日和』。「カメラに霊が映りこむ
条件」に関する解決はなかなか鮮やかに感じました。
↓第一話、第二話も良質なホラーアクションなので読んでね!

第二話『陰陽師探偵団』(112幕/7巻)


ちなみに私が投票した一番好きな回は、アポカリプス・パニックものの傑作『終末』です!
みんなよろしくね!

↑このページのトップヘ