分類ポイントB〈結末〉のつけ方

「いかに犯人が捕まるか」というポイントは、先述した通り「探偵役の描き方」にも関わってきます。

「犯人の破滅にどれだけ探偵が寄与しているか」ということでもあるからです。

ここでは大きく、「動かぬ証拠型」「罠型」のふたつに分類します。

1)動かぬ証拠型

文字通り、犯人が気づかなかったミス・残してしまった証拠が最後に明かされるというスタイルです。
この型の大きな特徴としては「探偵役」が必須ではないことが挙げられます。

犯人の破滅は、つまり「犯人にとって何が盲点になっていたか」というパーソナルな問題に還元されるので、謎を解く外部の人間が必要ないんですね。
そのため構成がシンプルな、短編に作例の多いプロットです。

犯人を裁くのは「神の意志」あるいは「犯人自身」だ、というちょっと運命論的なニュアンスを孕んでいるのがポイントですね。
私はこの型の理想形は、「犯人の見落としの理由」が、犯人の生き様や犯行動機と呼応していて「こういう人だったからこういう結末を迎えたのだ」と、犯人の物語として綺麗に締めくくられる作品だと思っています。
コロンボの小説オリジナル作品(没シナリオの小説化だったので、のちに映像化はしましたが……うーん)『カリブ海殺人事件』は、その美しい結構を備えた傑作と思っています。

この形式の元祖は、町田先生のツイートでも触れられている通り、ポーの「黒猫」だと思いますが、ひとつのジャンルにまでのし上げたのはやはりヴィカーズの「迷宮課」シリーズでしょう。

さまざまなアンソロジーに採られている「百万に一つの偶然」(同名短編集他所収)など、「トリックやフーダニットの謎がなくても、〈証拠の意外性〉一発で面白いミステリは書ける!」と証明した、エポックメイキングなシリーズだと思います。

日本で言えば鮎川哲也先生が、このタイプの倒叙で良作短編を数多く残されています。


2)罠型

一方で「罠型」とは、そのままずばり、「探偵役が犯人に自滅的・自白的行動を取らせるような罠を仕掛ける」という決着のつけ方をとる作品を指します。「逆トリック」なんて言葉が使われたりもしますね。

例を挙げれば、「発見された凶器が犯人の捨てたものであることを証明するために、凶器の発見場所を『明日捜索する』と犯人に告げ、その夜にでも犯人が凶器を回収しに来るのを待ち構える」といったパターンですね。

刑事コロンボ(旧シリーズ)では約半数の作品が、コロンボさんが罠を仕掛けて犯人を捕まえる結末なのに対し、実は古畑任三郎においては「犯人を罠にかける」回は実は意外に少数派(各シーズン3回前後)であることが、両作品の性格の違いを端的に示していると言えるかもしれません。

前項で触れた『殺人処方箋』の原型「愛しき罪体」を最初にTVドラマ化した時のタイトルは「Enough Rope」、これは英語圏の慣用句“give a person enough rope”(勝手に行動させて自滅するよう仕向ける)から採られています。
コロンボはそのスタート地点から、「犯人への罠」に特化した物語であることを企図していたと言えるかもしれません。

→「誰がパート④まで書けって言った!バカ!」
「良いでしょみんな『マッドマックス 怒りのデスロード』好きでしょ?」